門司港美術工芸研究所   研修生募集要項 

1 募集期間・募集人数

(1) 募集期間 : 平成29年8月1日~12月31日(消印有効)

(2) 募集人員 : 若干名

2 応募資格

(1) 美術・工芸分野のプロ又はプロを目指すひと。

(2) 週に3日以上、年間150日以上、研究所で制作活動ができるひと。

(3) 入所決定後、3ヶ月以内に入所できるひと。

(4) 他の入所者と協調して活動の出来るひと。

(5) その他研究所の目的に沿った活動ができるひと。

3 入所時期 ・ 期間

(1) 平成30年4月1日

(2) 研修生の任期は1年とし、選考委員会審査によって、2年間まで延長できる。

4 施設の使用条件

(1) 設備(ガス等を含む)及び備品の設置や撤去に要する費用は入所者の自己負担とします。 ただし、施設整備等については、運営委員会と入所者とで調整します。

(2) 音、臭い、振動、ホコリ等については、当該施設の立地する用途地域に応じた、建築基準法に定める範囲内を守って ください。また、周辺住民より理解を得られるようにお願いします。

(3) 制作に必要な材料・諸機材等は、各入所者が管理してください。特に薬品、危険物については十分注意してください。 また、施設内において諸機材等が減失、き損した場合は、運営委員会は責任を負いません。

(4) 火災等の原因となる火気の取り扱いには十分注意してください。

(5) 当施設及び施設周辺の施設管理、環境美化に努めてください。

(6) 宗教活動、政治活動、営業を主たる目的とした活動はできません。

(7) 当施設は住居としての使用はできません。

(8) 開館時間中は、可能な限りオープン施設とし、制作過程を公開してください。

(9) 退去時は、入所者による原状復旧を原則とします。

5 施設管理費等

(1) 施設管理費として1区画につき月額3,000円程度を徴収します。

(2) 水道、電気代その他の雑費は、使用の程度によって別途徴収することがあります。

6 選考

(1) 入所者は、専門の委員によって構成される選考委員会で選考されます。

(2) 入所者は、第一次選考(書類審査)と第二次選考(面接)の結果により決定します。

7 応募について

(1) 応募書類

応募者は、以下の書類、制作計画書、作品のカラー写真をまとめて提出して下さい。
応募書類は返却いたしませんのであらかじめご了承ください。

[ 1 ] 応募申請書
(所定用紙 表) 顔写真(5×4cm、上半身、無帽、3ヶ月以内に撮影したもの)を貼付すること。

[ 2 ] 応募動機書
(所定用紙 裏)

[ 3 ] 履歴書
様式は任意(市販用紙でも可。写真貼付は不要)

[ 4 ] 作品のカラー写真
過去に制作した作品のカラー写真(キャビネ版)10枚以内 (例)

 

・A4版の用紙に、氏名、作品名、作品のサイズ、制作年を明記すること。(写真1枚につき1枚の用紙)

・各用紙左上に通しNOを明記すること。

・写真の裏面に氏名、作品名を明記すること。

※作品の写真は返却いたしません。

(2) 第1次選考:書類審査

第1次審査の結果  文書にて本人宛に通知します。

(3) 第2次選考:面接及び作品審査

(4) 決定について

第2次審査の結果、研修生を決定し、文書にて本人宛に通知します。

(5) 応募締切

平成29年12月31日

◎郵送の場合 締切日までの消印を有効とします。「応募書類」と朱書した書留郵便を送ってください。

(6) 応募先

〒801-0853
門司港美術工芸研究所 研修生募集係
北九州市門司区東港町6-72 港ハウス2F
TEL 093-322-1235
FAX 093-322-1236

【お問い合わせ】

〒801-0853
門司港美術工芸研究所
北九州市門司区東港町6-72 港ハウス2F

TEL 093-322-1235 / FAX 093-322-1236

この記事の1行目に飛ぶ