門司港美術工芸研究所

門司港美術工芸研究所アートフェスタ・ワークショップのご報告
2018年5月17日

【会期】 平成29年5月3日(木・祝)13:00~17:00 
【会場】 門司港美術工芸研究所 (北九州市門司区東港町6-72 港ハウス2F)
 
(来場者数 約120名)

【門司港美術工芸研究所・所属作家(絵画・染色・彫刻)によるワークショップを同研究所内にて開催。市民と作家との交流をワークショップ通じて図り、美術への関心を高め、その楽しさを体感してもらった。子供から年長の方まで幅広い年齢層のお客様が訪れた。
ワークショップ体験者からは「無料なのが申し訳ないくらい楽しかった」「来年も参加したい」との言葉を頂いた。また館内には、所属作家、卒業生の作品約50点を展示。作家自身が展示作品の解説を行い、来場者はより深く作品を鑑賞する事が出来た。

各ワークショップの内容

〇わんちゃん彫刻制作(彫刻 稲葉彬子)

稲葉がその場で参加者の連れて来たわんちゃんをつくりました(参加者5名)

   

〇布でアクセサリー作り(染色 藤本祥子)

布を使ってアクセサリーを作りました(参加者10名)

   

〇似顔絵制作(日本画 安枝尚美)

参加者の選んだ色を使って日本画家・安枝が似顔絵を描きました(参加者5名)

   

〇素焼きの戌に絵付けしよう(彫刻 松浦孝)

松浦孝制作の今年の干支「戌」にアクリル絵の具で彩色しました(参加者30名)

   

〇研究所紹介ビデオの上映(絵画 西田孝広)

研究所の歴史や所属作家の作品紹介ビデオを作成、上映しました。

Copyright (c) MOJIKO ART RESEARCH CENTER. All right reserved.

PAGE TOP